崩れ行く

  • 2019.07.01 Monday
  • 20:13

6月の中ごろ、ほたるのシーズンに実家に帰ってきました。

夜、ほたるの時間に、母と二人で川沿いを散歩するのが恒例です。

今年も、たくさんのほたるが見れました。

ほたるは人を恐れないのか、逃げないというか、寄ってきます。

手のひらに乗せてもじっと動かず、くつろいでいるかのようで、ちょっとかわいい。

 

ほたるを見る川の近くに、次第に崩れていく納屋があります。

そばにあじさいが咲いていて、季節が巡れば美しく咲くあじさいと、

崩れ行く納屋。その対比が好きで、昼間にスケッチしました。

 

 

 

 


 

廃屋に茂る

  • 2019.06.01 Saturday
  • 21:47

実家近くの木々の中、ちょっと開けた場所に、

廃屋がひっそりと佇んでいます。

ちょっぴり物悲しいけど、

木々や草はお構い無しに元気いっぱい。

人が作った朽ちていくものと、人の手によらない自然と、

その対比が好きで、描いてみました。

新緑はまぶしいです。

 

 

 

 

 


 

作品展終わりました

  • 2019.04.18 Thursday
  • 20:51

 

先日、作品展が終了しました。

たくさんのお客様にご来場いただきました。

ありがとうございます。

暖かい励ましをいただきました。

 

日ごろ、このブログをご覧になっている方も来て下さったそうです。

私は全然知りませんでしたが、

このブログを続けてご覧いただいていること、

また実際に足を運んでくださったこと

ほんとうに感激しました。

ありがとうございます。

 

実家の近くの薮に咲いていた花を描きました。

昔、この近くに産院があった場所です。

私もそこで産まれました。だいぶ昔ですが(笑)

 

 

 

 


 

ふるさとを思って

  • 2019.03.21 Thursday
  • 11:04

まとまったお休みが取れると、実家に帰っています。

今年はお正月以来帰れてなくて、

春の田舎を楽しみたい気持ちがムクムクと沸いています。

絵を描くのも、もっと素敵に表現したい、うまくなりたい!!

という気持ちで1枚1枚取り組んでいますが、

ときどき疲れちゃう。

 

背伸びしている自分や、楽しんで描けてない自分や、

そういうときには、ふるさとの絵を描いてみます。

やさしい風や、あたたかい思い出、

いろんな良い感情を思い起こします。

 

子供の頃よく遊んだ神社を描きました。

鳥居の上に石を乗せると良いことがある、という慣わし?があって、

友達とたくさん石を投げてました。

人の乗せた石が落ちたりして、「あ”−−−−」

何もなくても笑いころげて、楽しい思い出です。

 

 

 

 

 


 

ふるさとの川

  • 2019.03.10 Sunday
  • 00:12

子供の頃よく遊んだ、ふるさとの川の絵を描きました。

同級生や近所のお兄ちゃんたちと、よく泳ぎに行ったものです。

長かった子供のころの時間。

今は、1年があっという間に過ぎていきます。。

 

 

 


 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ランキングに参加中♪

クリックして応援お願いします。

水彩画ランキング にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM