うわあ、降り出した

  • 2019.07.23 Tuesday
  • 09:59

雨が続いています。昨日からしとしと、と降り続いていて、

久々に日本の梅雨っぽいです。

カレンダーの挿絵で描いた、雨のヘルシンキ。

旅行中ずっと雨だったので、題材にはこと欠かず、

雨の絵を続けて描いてみようかな。

空気感とか、雰囲気つくりの練習になる気がします。なんちゃって。

 

 

 

 

 

 

 


 

花2

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 10:20

実家の母が育てた花のスケッチ2枚目です。

赤いゼラニウムが、実にのびのびと咲いていて、

大らかな母らしい感じがして微笑ましかったです。

庭先に座って、没頭して描きました。

日常のわずらわしさをいったん忘れて、

平和な時間でした。

 

 

 

 

 

 


 

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 10:51

実家で、母の育てた花を描いてきました。

石垣の上に咲いてるサボテン、帰省するタイミングが合わなくて、

花が咲いてるのは初めてみました。

ごっつい葉っぱに、うそみたいなレモンイエローの、かわいらしい花が咲きます。

もう少し早いタイミングなら、もっとたくさん咲いていたそう。

 

 

 

 


 

崩れ行く

  • 2019.07.01 Monday
  • 20:13

6月の中ごろ、ほたるのシーズンに実家に帰ってきました。

夜、ほたるの時間に、母と二人で川沿いを散歩するのが恒例です。

今年も、たくさんのほたるが見れました。

ほたるは人を恐れないのか、逃げないというか、寄ってきます。

手のひらに乗せてもじっと動かず、くつろいでいるかのようで、ちょっとかわいい。

 

ほたるを見る川の近くに、次第に崩れていく納屋があります。

そばにあじさいが咲いていて、季節が巡れば美しく咲くあじさいと、

崩れ行く納屋。その対比が好きで、昼間にスケッチしました。

 

 

 

 


 

道の先

  • 2019.06.22 Saturday
  • 21:20

過去の旅行の写真から描きました。

秋も深まる小雨の降る寒い日でしたが、光を連想して描いてみました。

光を感じる絵を練習中です。うむむ、難しい・・・。

 

 

 

 


 

噴水

  • 2019.06.15 Saturday
  • 09:15

昔遊園地だった場所が、今は大きな公園として活用されています。

入り口の広場に、みんなを出迎えるようにある、銅像。

ドン・キホーテ?の像らしい。

昨年の豪雨災害のときは、避難場所にもなってました。

今年はあんな災害がありませんように・・・

雨が降るたび、そんな気持ちになります。

 

 

 

 

 


 

どこにいくんだろうね

  • 2019.06.07 Friday
  • 20:05

カレンダーの挿絵から1枚。

ヘルシンキの港から、お隣の国に向かう、

大きなフェリーを、大きなカモメといっしょに見送りました。

瀬戸内の小さなフェリーしか見たことなくて、

こんな大きなフェリーがその辺から出航することにビックリ。

 

 

 

 


 

廃屋に茂る

  • 2019.06.01 Saturday
  • 21:47

実家近くの木々の中、ちょっと開けた場所に、

廃屋がひっそりと佇んでいます。

ちょっぴり物悲しいけど、

木々や草はお構い無しに元気いっぱい。

人が作った朽ちていくものと、人の手によらない自然と、

その対比が好きで、描いてみました。

新緑はまぶしいです。

 

 

 

 

 


 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ランキングに参加中♪

クリックして応援お願いします。

水彩画ランキング にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM